INTHE.jp

My own life in technicolor.

祭りのあと

フイルムを買いに行きました、京都市まで。ここら辺でフイルムと言えば、富士フイルムの記録用しかありませんので。なんて、僕はフイルムを一巻きも使っていませんが。お店の開店時間が10:30との事で、それまでに時間潰しと共に「YASHICA」で撮影しようと。列車でトンネルを出ると、曇天!OMG!アン・フォトジェニック!
木屋町界隈を「X-Pro3」で撮影して暇潰し。景観条例なんて何のその、看板よ、電線よ、自販機よ、人々よ。曇天でも楽しめました。

Fujifilm X-Pro3 & XF35mm F/2 R WR

タナカコーヒー!まだ営業されているんですね。懐かしいなあ、よくお世話になっていました。何か条件があって、24時間営業の時があるのですよね。翌日が日曜・祝日だった場合、だったかな。今は禁煙かな、京都市って、滋賀県もですが全国的に、喫煙に関して厳しくなっているのですよね。近所の行きつけは喫煙席があるのです、だから行くのです。パソコン作業しているとガバッとモニタを覗かれますが。それも良き。見られても作業内容は漏洩せんのです。訳がわからない作業です。ご覧あれ。

Fujifilm X-Pro3 & XF35mm F/2 R WR

このお兄さん、格好良い!風景にマッチし過ぎてて遠慮なく撮影させて頂きました。夜の景色、撮影したい!ですが「何を撮影してるねん!」って殴られそう。京都市に居たら違ったかも。此方まで列車移動なので、ラッシュにはあいたくないですよ。ラッシュもラッシュ、半端ないですから。パソコン破壊されるかと思ってしまいます。
変わった事・変わらない事、自分・他人、今は京都人ではありませんが、京都人だった頃の事を思い出し、少し目頭が熱く…。涙は出てないですけどね。京都市ってやっぱり被写体が沢山あって良いなあ。否、二度と住みたくないです。

Fujifilm X-Pro3 & XF35mm F/2 R WR

オートフォーカスの際に出るピピッという「合焦音」は是非とも消した方が良いですね。自分では恥ずかしいし被写体にも身構えられてしまいますし。ましてや、クラシックな装いのカメラだと不釣合いです。僕は音を消しています。海外ではiPhoneですら、マナーモードにしていれば撮影音も出ないそうで。如何に日本人が幼いか、それを物語る躯体ですね。僕はカメラが好きなので、悪い事には使いたくありません。没収されるらしいですし。

帰路につく腹積りになった頃にようやく太陽がお目見え。晴天に映える京都タワーをf/8・f/11・f/16で、フォーカスは無限遠で撮影しておきました。てな訳で総撮影数は36枚中の10枚。フイルム現像への道のりは、まだまだ遠いものとなっております。ショートする事なく小さな電池で通電しており、明るさをF値だけで操作する所、可愛くなってきました。YASHICAやしか!とシャウトしないで済みます様に、どうか撮影出来ています様に。

新聞の不思議

Fujifilm X-Pro3 & XF35mm F/2 R WR

湖西では、コスモスは盛りを過ぎていた様です。
ここら辺では畑を潰して大型のショッピングモールが建設されるとか、道路を倍に拡張するとか、色々な噂が飛び交っています。しかし、先日投稿した曼珠沙華(彼岸花)の群生地が潰される事は確かな様でして、非常に残念に思います。実は「京都新聞」の記者にその群生地を潰す事に関してインタビューされ、僕の名前と年齢が掲載されました。随分前の話です。今も切り抜いて置いてあります。これで名前が掲載されたのは二回目。以前は小学生の時分、絵画コンクールで賞を頂戴した際に掲載されています。自分の名前が掲載されるとは名誉でしたが、僕に「画家」となって欲しかった(らしい)祖父が僕以上に喜んでくれていた事を記憶しています。授賞式へも祖父母が来てくれ、祖父が写真を撮影してくれました。とても、とても昔の話です。あの写真・作品・メダル、どこに行った?

Fujifilm X-Pro3 & XF35mm F/2 R WR

さて、残暑も厳しくなかなか考えた通りに撮影に行けていません。
先日ご紹介した「YASHICA」カメラですが、電池が届きまして動作を確認する事が出来ました。どういう仕組みなのか、全くわからないものの、シャッタを切る際に「明るいのか暗いのか」を教えてくれます。それ以外は非常に単純なカメラでして、フォーカスは目測ではわかりません。そして明るさを調節する機能は「F値のみ」で操作するのです。ボカしたいからと言って「f/1.8」で撮影してしまうと、シャッタースピードは固定なので、真っ白になってしまうでしょう。まだ7枚しか撮影できておらず、結果が見えないのですが、それがフイルムカメラの醍醐味なんですよね。カメラに関してはデジタルネイティブである僕にとっては非常にもどかしいです。まあ価格が価格だけに、あまり求める事もせず「動いてくれた…!」と感動しておきます(笑)。

もし次に京都新聞に名前が掲載される事があるとすれば「大好き京滋の風景」だと良いなあ、なんて贅沢な事を考えています。結構ハードルが高いですから。ただ賞金は不要ですから、何処かに寄付して頂いて結構ですので、僕の写真を名前と共に掲載して頂きたいです。投稿した事はありませんが、未発表のものに限る、との事ですので難しいですね。自分では写真の良し悪しは判断できかねず、すぐブログとかで発表してしまうので、掲載される事も、まあ無いでしょう(まあ無いで賞)。
悪い事では掲載されたくないなあ。

僕のカバン探しの旅

僕の終わらない旅、それは果てしなき「カバン探し」の旅。

Fujifilm X-E3 & XF35mm F/2 R WR

長い間、この『ピークデザイン』の「エブリデイ・メッセンジャーバッグ 13L」を使っていました。実は二代目です。初代のカバンは15Lで結構余裕が有ったのですが、スリングが切れてしまい、修理というか新品と交換になりました。というのも生涯補償なので、僕が生きている限り修理・交換して頂けるそうです。有難い事です。結構おすすめのカバンだったりします。しかし現行モデルは13Lモデルが最大用量だそうで、この「2L」の差は大きかった…!これ以上大きな用量となるとピークデザインの中では「バックパック」しか選択肢がないらしく、諦めました。ラップトップをバッグインバッグに入れて、電源周りとかマウスとかカバンに入れると、もう他は入りません。でもでも普段使いには最高のカバンだったりします。初代のバッグは35,000円くらいで購入しましたが、最近は価格も落ち着いてきましたね。もし純粋に「カメラバッグ」をお探しであれば、このカバン、凄く凄くお勧めします。

近々、マックブックの14inchと16inchが発表されるらしいので、買う事はなくても、このサイズだと、もうこのカバンには入らないでしょう。今の「M1 MacBook Pro 13inch」を購入する際店頭で「Intel MacBook Pro 16inch」も視野に入れてはいました。第一印象、大味すぎるし運べない。この点を次期16inchでエンジニア達がどう解消するか、少し楽しみです。

Fujifilm X-E3 & XF35mm F/2 R WR

入らなかったバッグ。そこで購入したのが『吉田カバン』の「PORTER ボストンバッグ」です。カメラ、レンズ、ラップトップ、タブレットを入れてもまだ余裕があります。大袈裟な話、三脚まで収納出来ますよ。お値段もお高めでした。少し大き過ぎるカバンです。ダッフル生地なので、雨の日どうなるか心配です。雨の日はメッセンジャーバッグで良いですね、カメラを使う事も少ないですし。

ちなみにピークデザインのバッグは撥水でした。雨の日も安心して携行出来ますよ。スリング部分も何故か汗で臭くなる事もありません。ただ、一眼レフユーザには厳しいかもですね。ミラーレスなら問題ないでしょう。うーん、知っている限りだと大きいのは入らないです。もう一度、15inchモデル出して欲しいな。